砂丘
Sat, Nov 27 | Online

Online Talk5&6: 惑星思考特集

Registration is Closed

Time & Location

Nov 27, 10:00 AM – 12:00 PM
Online

About the Event

10-11 AM JST 

Online Talk#5: 「この危機を生きるーーゲーリー・スナイダーの再定住を再考する」 

“How to Be in This Crisis: Reexamining Gary Snyder’s Reinhabitation”

YAMAZATO Katsunori, Professor of English, Meio Univeristy

1969年、ほぼ12年にわたる京都滞在を終えたゲーリー・スナイダーは、家族とともにアメリカに帰国し、1970年秋にはカリフォルニア州ネヴァダ・シティーの森の中に建てた家で生活を始めた。キットキットディジー(Kitkidizzie)という名称を有するその家は、自らを場所(place)を生きる「再定住者」(reinhabitory)と呼んだ詩人にとって、1960年代あたりから顕著になった環境危機や「アメリカ」を題材とする詩や思想を創造する拠点となった。あれから50年、スナイダーは詩集Turtle Island(『亀の島』、1974)でピューリツァー賞を受賞、アメリカ現代詩を代表する詩人の一人として知られるようになった。1996年には40年かけて書かれたライフワーク『終わりなき山河』(Mountains and Rivers without End)が出版された。まずは、このような詩人の(再)評価を試みてみたい。後半は、スナイダーと同世代のウェンデル・ベリーなども紹介しながら、この世代が共有していることについて言及したい。また、スナイダーとの関連で、宮沢賢治の先駆性についても考えていることを話してみたい。このような流れで話すと、昨今の研究で取り上げられるようになった“planetarity”、 “place”、 “planet”等についても言及することになるだろう。

In 1969, finishing his years in Kyoto, Gary Snyder returned to the United States with his family and began living in the house that he built in 1970 in the woods in Nevada City, California. The house, which he named Kitkitdizze, became “a node in the net” where, Snyder as a “reinhabitory” person, wrote poetry and prose on his family, “America,” natural environment, cultural phenomena, and environmental crises. In 1975, Snyder won Pulitzer Prize for Turtle Island (1974) and since then has come to be known as one of the most iconic and influential contemporary American poets. Mountains and Rivers without End, which took him for forty years to complete, was published in 1996. This year, 2021, marks the fiftieth year since the construction of Kitkitidizze, and I would like to reexamine what the poet has accomplished in these years. In the second half of my talk, I will comment on a few poets such as Wendell Berry who share important environmental ideas with Snyder. In addition, in discussing Snyder’s Japan years I would like to comment briefly on Kenji Miyazawa as a poet that attracted/influenced him. Such a talk inevitably invites comments on the current literary and critical interest in “planetarity,” “place,” and “planet.” While reviewing Gary Snyder’s achievements, I hope to briefly discuss this topic as well.

11-12 AM JST 

Online Talk#6:「惑星思考の理論的展開と文学的想像力」 

"Mapping the Planetary" 

SHIMIZU Miki, PhD student, Literature and Environment, Aoyama Gakuin 

自然環境や社会環境を惑星の視座から捉え直すことを試みる惑星思考は、人間が地質学的脅威とされる人新世において重要性が高まっている。惑星思考は比較文学者であるガヤトリ・スピヴァクの『ある学問の死』(2003年)においてはじめて提唱され、その後、文学研究のみならず歴史学や哲学などの人文諸分野において理論的議論が重ねられている。それらの理論は、互いを参照しつつ、独自の理論的展開を遂げており、用語的統一もされていない。本発表では、それぞれの惑星思考の背景にある問題意識を明らかにし、それらが人間中心主義的あるいは西洋中心主義的な地球像への多様な応答であることを確認しながら、スピヴァク、ディモック、ハイザ、チャクラバルティ、ラトゥールによって提唱されている惑星思考の位相を整理する。そして、「環境危機は想像力の危機である」というゴーシュのことばを手掛かりに惑星思考の文学研究の事例を考察する。

In the past few years, the perspective of the planetary has been increasingly emphasized in literary studies against the backdrop of the serious climate change. Since the Anthropocene became the greatest concern, the planetary has been recognized as an essential framework of thinking of the environment and human societies. In this talk, I will map the various ideas of the planetary, from one which Gayatri Spivak first introduced to those developed by critics such asWai Chee Dimock, Ursula Heise, Dipesh Chakrabarty, and Bruno Latour. I will also examine how the literature contribute to the development of the planetary by introducing the latest studies.

Share This Event