top of page

『現代思想』(総特集・森崎和江、2022年11月臨時増刊号)に本フォーラムの佐藤泉教授の討議と結城正美教授の論考が掲載されました。


 詩人・作家・思想家の森崎和江さん(1927-2022)は、ポストコロニアリズム、フェミニズム、エコクリティシズムが流通する前から、こうした一連の批評が問題化している事象に向き合い、独自の思想と文学空間を生み出しました。佐藤教授の酒井隆史氏との討議「接触と連帯の思想」は、森崎さんの仕事の全貌に迫るものです。結城教授の「千年先を見据えた〈産〉の思想」は、森崎さんの「人間以上(モア・ザン・ヒューマン)」の生命観を論じています。



Recent Posts

See All

Online Talk#24:"Marsh as a Place of Origin"

「始原の場としての沼地」 Saturday, 13 July 2024, 5-6 PM JST Speaker: ITO Takeshi (Professor Emeritus, Urban and Architectural History, The University of Tokyo) 伊藤毅(東京大学名誉教授) 都市建築史の立場から大地を眺めると、「沼地

Book Discussion#4: 佐藤泉『死政治の精神史』

Saturday, 8 June 2023, 5-6:30 PM JST Author’s Introduction: SATO Izumi Professor (Japanese literature, AGU) Commentators: YUKI Masami (Professor, ecocriticism, AGU) 本フォーラムメンバーの佐藤泉教授に、ご著書『死政治の精神史――「聞き書

Comentarios


bottom of page