top of page

本フォーラムメンバーの結城正美氏著『文学は地球を想像する――エコクリティシズムの挑戦』が刊行されました。


「環境問題を考える手がかりは文学にある。ソロー、石牟礼道子、梨木香歩、アレクシエーヴィチ、カズオ・イシグロらの作品に、環境をめぐる文学研究=エコクリティシズムの手法で分け入ろう。人間に宿る野性、都市と絡みあう自然、惑星を隅々まで学習するAI──地球と向き合う想像力を掘り起こし、未来を切り開く実践の書。」


詳しくはこちら

Recent Posts

See All

Online Talk#24:"Marsh as a Place of Origin"

「始原の場としての沼地」 Saturday, 13 July 2024, 5-6 PM JST Speaker: ITO Takeshi (Professor Emeritus, Urban and Architectural History, The University of Tokyo) 伊藤毅(東京大学名誉教授) 都市建築史の立場から大地を眺めると、「沼地

Book Discussion#4: 佐藤泉『死政治の精神史』

Saturday, 8 June 2023, 5-6:30 PM JST Author’s Introduction: SATO Izumi Professor (Japanese literature, AGU) Commentators: YUKI Masami (Professor, ecocriticism, AGU) 本フォーラムメンバーの佐藤泉教授に、ご著書『死政治の精神史――「聞き書

Comments


bottom of page