top of page

ANEST Workshop @国立台湾師範大学に参加しました!

 

 10月13日~14日の二日間にわたって、The Asia-Norway Environmental Storytelling Network(ANEST)のワークショップが国立台湾師範大学で開催されました。ANESTは環境人文学という分野横断的・学際的な研究交流を目指すネットワークであり、 “Teaching Through and With Environmental Storytelling”をテーマにした本ワークショップには、文学、英語教育、歴史学、文化人類学、言語学など幅広い分野から研究者が集まりました。ノルウェー、台湾、中国、日本からおよそ30名が参加し、10の研究報告と2つのパネルディスカッションが行われました。本学からは文学部英米文学科の結城正美先生、エリン・マクレディ先生、博士後期課程の松木ほのかさんが研究発表をしました。 


 本ワークショップは小規模ではあったものの、各セッションにおいて活発かつ濃厚な議論が展開されました。分野を越えた対話の困難さよりも、複眼的な視点から議論されることの豊かさや創造性が際立つ会となりました。環境人文学は、既存の思考様式や価値観を問い直す研究であるために、分野という枠組みだけでなく学術的様式をも揺さぶりますが、本ワークショップは結論を一つに収斂させていくのではなく、議論を多層化し、ひらいていくことによって研究の足場を共有しようとする画期的な試みとなったように思います。また、こうした学際的研究交流の成果を教育現場に還元していくために教材の出版についても話し合われ、大盛況のうちに幕を閉じました。今後の継続的な研究交流、さらなる学際的コラボレーションが期待されます。


(文責:清水美貴)




Recent Posts

See All

Online Talk#22: "Write for the Ear: Toward the Pseudo-Landscape Theory"

「耳のために書く—(擬似)風景論」 Saturday, 11 May 2024, 10-11 AM JST Speaker: NODA Kenichi (Professor Emeritus, American literature, Rikkyo University 野田研一(立教大学名誉教授) 文学作品における風景表象は、自然環境を作家や作品がいかに認識し記述しているかを考える際の重要な手が

三大学院共同運営「環境人文学」プログラム明治大学企画イベント「映像詩『水の環』上映会&トーク」が開催されます。

今年度よりスタートした大学院単位互換プログラム「環境人文学」の一環として、明治大学建築・都市学専攻総合芸術系で、映像詩『水の環』上映会&トークのイベントを開催します。 日  時:2024年5月23日(木)18:00-20:00 会  場:明治大学中野キャンパス低層      棟・5Fホール 主  催:明治大学大学院 理工学研究科 建築・都市学専攻総合芸術系 参加無料 ​ ​詳しくはこちらから

Online Talk#21:“A humanities framework for questioning the coexistence of culture and nature in impoverished times of scarcity (Part 1)”

「乏しき時代において文化と自然の共生を問うための人文学的構図(その1)」 Saturday, April 13, 10-11am Speaker: OHSAWA Zenshin, Professor Emeritus, Kanto Gakuin University 大澤善信(関東学院大学名誉教授) タイトルがいささか仰々しいのですが、私の学んできた領域は社会学なので、人文学の範疇かそれとも社会科

ความคิดเห็น


bottom of page