AGU Environmental Humanities Forum

Launched in April of 2021, the Aoyama Gakuin University (AGU) Environmental Humanities Forum facilitates a community of scholars and educators who engage in issues of human relationships with the environment with an interdisciplinary mind and approach.

 環境に関わる問題は、いわゆる環境問題に限定されるものではありません。環境問題とよばれる事象に分け入れば、人種、文化、言語、歴史、ジェンダーをはじめとする人文学のさまざまな問題系がそこに絡まっていることは明らかです。環境の問題は人文学の知を結集して考察されるべきものであり、実際、そのような見地から〈環境人文学〉という分野横断的な研究教育の潮流が生まれ、オーストラリア、北欧、北米の大学を中心に活発に展開しています。

 

 AGU環境人文学フォーラムは、青山学院大学の人文諸分野の研究者を中心に、これまで個別に進められてきた研究を環境という視座からとらえ直し、相互の研究の接点を可視化して協働につなげることにより、環境をめぐる問題を多角的かつ学際的に考察する学術コミュニティの構築を目指すものです。 当面は、月例研究会を通して研究交流を行います。

 

 また、青山学院大学は、ノルウェー研究評議会の国際共同研究助成INTPARTに採択された研究課題The Asia-Norway Environmental Storytelling Network (ANEST, 拠点大学スタヴァンゲル大学)のパートナー大学であり、2023年3月までの研究期間中、海外パートナー8大学(ノルウェー、中国、台湾、香港)との研究・教育交流が計画されています。AGU環境人文学フォーラムは、ANESTとの連携も視野に入れて、活動を進めていきます。

What is Environmental Storytelling?

https://nordic-envhum.org/anest/what-is-environmental-storytelling

Members

Matsui, Yuko              Professor (British literature), Department of English

McCready, Elin          Professor (semantics and pragmatics), Department of English

Nishimoto, Azusa      Professor (African-American literature), Department of English

Sato, Izumi                 Professor (Japanese literature), Department of Japanese Language and Literature

Shimizu, Miki             PhD student (literature and environment), Department of English

Torigoe, Keiko           Professor (soundscape studies and design), Department of Cultural and Creative Studies

Yuki, Masami             Professor (literature and environment), Department of English

デスヴァレー