Online Talk#2: “Boundary and Veil”

15 May 2021, 10-11AM JST

Speaker: TORIGOE Keiko (Professor, soundscape studies and design, Department of Cultural and Creative Studies, AGU)


All living things on the earth are alive with nature and are kept alive by nature. This principle applies also to human beings, who have unique abilities among living things. At the same time, for human beings, the issue of “how to connect with nature” is much more diverse and complex than for other living things.

The concept of ‘soundscape’ advocated and developed by R. Murray Schafer from the late 1960s to the early 1970s is useful for examining and considering the essential relationship between us ( human beings) and our environment through music (or musical activities). “Today all sounds belong to a continuous field of possibilities lying within the comprehensive dominion of music. Behold the new orchestra: the sonic universe! And the musicians: anyone and anything that sounds!” By writing this, he sought to release the aesthetic ears of modern humans into the entire environment including the universe. Behind the formation and proposition of the soundscape concept was the ecological zeitgeist of the 1960s-70s as well as his philosophical thinking about “what is

music?”

This talk will introduce you to the concept of “soundscape” through Schafer’s writings and activities together with his new research and design theory based on it. At the same time, I will discuss the “boundaries” inherent in our cultural activities and the “veils” hidden

in our daily lives.


境界と被膜」/鳥越けい子(青山学院大学総合文化政策学部・教授)

 地球に棲息するあらゆる生物は、自然に生かされ、自然と共に生きている。生物のなかでも特殊な能力をもっているヒトにとっても、この基本は変わらないが、ヒトの場合の「自然との関係の取り結びかた」は、他の生物に比べて実に多様かつ複雑なものになっている。

 「音楽」を手掛かりに、環境と私たちとの関係を確認・考察する際に役立つのが、R.マリー・シェーファーが1960年代末に提唱した「サウンドスケープ」というコンセプトである。彼は「今日すべての音は音楽の包括的な領域内にあって、とぎれのない可能性の場を提供している。新しいオーケストラ、鳴り響く森羅万象に耳を開け!」と述べ、現代人の美的な耳を、宇宙も含めた環境全体へと解放しようとした。その背景には、当時の北アメリカにおけるエコロジー運動があった。同時にまた、音楽の意味をその本質から問うシェーファーの哲学的な思考があった。

 本報告では、シェーファーの著作や活動を紹介しながら、彼が提唱したサウンドスケープという考え方、それに基づく新たな研究やデザイン論を解説する。あわせて、私たちの文化活動に内在する「境界」と、日々の暮らしに潜む「皮膜」について考察したい。


Recent Posts

See All

Online Talk#5: “How to Be in This Crisis: Reexamining Gary Snyder’s Reinhabitation”

「この危機を生きるーーゲーリー・スナイダーの再定住を再考する」 27 Nov. 2021, 10-11 AM JST YAMAZATO Katsunori, Professor of English, Meio University 1969年、ほぼ12年にわたる京都滞在を終えたゲーリー・スナイダーは、家族とともにアメリカに帰国し、1970年秋にはカリフォルニア州ネヴァダ・シティーの森の中に建てた

Online Talk#6:"Mapping the Planetary"

「惑星思考の理論的展開と文学的想像力」 27 Nov. 2021, 11-12 AM JST SHIMIZU Miki, PhD student, Literature and Environment, Aoyama Gakuin University 自然環境や社会環境を惑星の視座から捉え直すことを試みる惑星思考は、人間が地質学的脅威とされる人新世において重要性が高まっている。惑星思考は比較文学

奥野克巳教授『マンガ人類学講義』が紹介されました

7月にAGU環境人文学フォーラムでお話いただいた奥野克巳教授(立教大学)のご著書『マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか』(日本実業出版社)がじんぶん堂にて紹介されました。 森の民プナンの日常を描き出す『マンガ人類学講義』は、なぜ「マンガ」なのか ブルネオ島でのフィールドワークで感じてこられたことや、現在ご研究されているマルチスピーシーズ人類学の展望についてお話され