top of page

Online Talk#16: “Reading/Writing Climate Change”

Saturday, 17 December 2022, 10-11AM JST

Speaker: HASHIMOTO, Tomohiro (Associate Professor, Postcolonial Theory and Literature, AGU)


 気候変動という巨大な現実を前にして、文学を読む者と書く者はどうすればいいのか。人間の活動が地層や気候に甚大な影響を与えはじめた時代は「人新世」と呼ばれ、その定義と含意について自然科学のみならず人文学においても議論が進んでいる(例えば、Dipesh Chakrabartyの一連の著述)。一方で、人新世の概念が喚起する、差異化されていない「人間」が「自然」に破滅的な作用を及ぼすというイメージは、帝国主義、家父長制、人種差別といった問題を埒外に置いてしまうのではないかという疑義も出されている。このトークでは、「世界=生態」(world-ecology)のパラダイムを提示する環境史家Jason Mooreとその影響下で斬新な世界文学論を展開する文学研究者Michael Niblettを取り上げ、近代がどのように周縁の地域においてエコロジカルな危機をもたらすか、そしてそれをいかにして文学に読み込むことができるかを考えたい。同時に、作家のAmitav Ghoshの近年の思索を追い、小説において気候を主題化することの可能性と困難について考えたい。私のもくろみは、気候問題を他の近代の諸問題と連続したものとして捉え、文学を通じてそれら問題系を批判的に考える方法を模索することにある。


 

「気候変動を読むこと/書くこと」

橋本智弘(青山学院大学文学部英米文学科准教授)


   What should readers and writers of literature do in the face of the enormous reality of climate change? The period when human activities began to have a profound impact on the earth and climate is called the “Anthropocene,” and its definition and implications have been debated not only in the natural sciences but also in the humanities (see, for example, Dipesh Chakrabarty’s recent writings). On the other hand, some have questioned the validity of the idea of the Anthropocene in which the supposedly undifferentiated “human race” exert a catastrophic effect on “nature.” In this scenario, issues such as imperialism, patriarchy, and racism are left out of bounds. In this talk, I take up environmental historian Jason Moore who proposes the paradigm called “world-ecology,” and literary scholar Michael Niblett who under Moore’s influence has developed a refreshing theory of world literature, considering how modernity has brought about ecological crises in marginal areas and how these crises can be read into literature. I will also discuss the recent speculations of the writer Amitav Ghosh and consider the possibilities and difficulties of thematizing climate in fiction. My overall intention is to view the climate issue as continuous with other modern problems and to seek ways to think critically about these problems through the lens of literature.

Recent Posts

See All

鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。

三大学院単位互換制度に基づく〈環境人文学プログラム〉の設置に先立ち、2023年12月22日(金) に青山学院大学にて奥野克巳(立教大学教授)、管啓次郎(詩人・明治大学教授)、結城正美(青山学院大学教授)による鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。 環境人文学とは、何か。蜘蛛の巣がきのように、分野や大学の垣根を越えて知を紡いでいくこと。3人の研究者がそれぞれの立場から熱く語りました。 この鼎談を

本フォーラムメンバー鳥越けい子教授の最終講義「サウンドスケープ―越境から融合へ」が行われます。

日時:2024年3月8日(金) 15:00-18:00  開場(14:30) 会場:青山学院大学本多記念国際会議場 (青山キャンパス第17号館6階) ​ 第1部  SCAPEWORKS から『円山町に生きる 料亭三長』へ 対談者:伊藤 毅 (東京大学名誉教授・青山学院大学客員教授 / 都市建築史) ​ 第2部  『触発するサウンドスケープ―<聴くこと>からはじまる文化の再生』 対談者:結城正美 (

『思想』2024年2月号に、本フォーラムメンバー結城正美氏の論考「技術圏のレシプロシティーー土地をめぐる環境人文学的考察」が掲載されました。

「レシプロシティ」をキーワードに、人間と土地の関係の語り直しを考察した論考です。後半では明治神宮外苑再開発問題に焦点をあて、「人間も人間ならざるものも「都市という種」も含む土地のレシプロシティ」に斬り込んでいます。

bottom of page