奥野克巳教授『マンガ人類学講義』が紹介されました


7月にAGU環境人文学フォーラムでお話いただいた奥野克巳教授(立教大学)のご著書『マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか』(日本実業出版社)がじんぶん堂にて紹介されました。


森の民プナンの日常を描き出す『マンガ人類学講義』は、なぜ「マンガ」なのか

 

ブルネオ島でのフィールドワークで感じてこられたことや、現在ご研究されているマルチスピーシーズ人類学の展望についてお話されながら、人類学研究の成果をマンガ化した経緯や目的が語られています。7月のオンライントークを見逃したという方はぜひチェックしてみてください。

Recent Posts

See All

Online Talk#5: “How to Be in This Crisis: Reexamining Gary Snyder’s Reinhabitation”

「この危機を生きるーーゲーリー・スナイダーの再定住を再考する」 27 Nov. 2021, 10-11 AM JST YAMAZATO Katsunori, Professor of English, Meio University 1969年、ほぼ12年にわたる京都滞在を終えたゲーリー・スナイダーは、家族とともにアメリカに帰国し、1970年秋にはカリフォルニア州ネヴァダ・シティーの森の中に建てた

Online Talk#6:"Mapping the Planetary"

「惑星思考の理論的展開と文学的想像力」 27 Nov. 2021, 11-12 AM JST SHIMIZU Miki, PhD student, Literature and Environment, Aoyama Gakuin University 自然環境や社会環境を惑星の視座から捉え直すことを試みる惑星思考は、人間が地質学的脅威とされる人新世において重要性が高まっている。惑星思考は比較文学

「水俣病わかめといえど春の味覚」——エコクリティシズム漫画が『たぐい vol.4』に掲載されました

結城正美教授(青山学院大学・文学部)+漫画家MOSA「水俣病わかめといえど春の味覚」が『たぐい vol.4』(亜紀書房)に掲載されました。 水俣の漁民は、水銀に汚染されていると知りながら、なぜ魚を食べ続けたのか。 石牟礼道子の『苦海浄土』に描かれたマルチスピーシーズの世界が探求された漫画です。 7月にAGU環境人文学フォーラムでお話いただいた奥野克巳教授(立教大学)の「人類学は生命を論じうるのか?