top of page

Online Talk#1: “Waste and Prayer”

17 April 2021, 10-11AM JST

Speaker: YUKI Masami (Professor, literature and environment, AGU)



With Kevin Lynch’s comprehensive and cross-disciplinary study of waste as a theoretical navigator, this talk will discuss discourses of nuclear waste, analyzing conflicts and potential negotiations between reason and affect on the issue. I will particularly focus on the implication of prayer, a wishful act and emotion, in relation to nuclear waste issues and examine the value-shifting potential of prayer which, I will argue, is suggested in Svetlana Alexievich’s Chernobyl Prayer (Russian original in 1997) and architect Miyamoto Katsuhiro’s exhibition Fukushima No.1 Nuclear Power Plant Shrine (2012).

 

「廃棄と祈り」/結城正美(青山学院大学文学部英米文学科・教授) 「廃棄は存在には欠かせない要素である」というケヴィン・リンチの言葉を水先案内として、本報告では、廃棄物のなかでも最も危険とされる放射性廃棄物をめぐる言説を考察する。実際には廃棄は存在に不可欠だと認識されるどころか蔑視ないし忌避されているが、リンチによれば、こうした廃棄に対するネガティブな見方の根底には清浄/不浄の二元論的思考がある。清浄と不浄の入り混じった両義的な意味空間は人を解放し、それによって新たな態度、思考、価値観を創出しうる。しかし、二元論的思考のもとで理性が情動を抑圧している限り、そうした新たな価値創出は見込めない。そのようなリンチの議論を踏まえると、放射性廃棄物やその主な出所である原発に関する問題は理性だけで片付くものではなく、情動を考慮してはじめて適切に対応することが可能になると考えられる。本報告では、スベトラーナ・アレクシエービッチ『チェルノブイリの祈り』(ロシア語原文1997年)と建築家・宮本佳明の作品「福島第一原発神社」(2012年)を主な分析対象とし、〈祈り〉という情動ならびにその文学的・芸術的表現が放射性廃棄物の処分という喫緊の問題に示唆する地平を検討する。


Recent Posts

See All

Online Talk#21:“A humanities framework for questioning the coexistence of culture and nature in impoverished times of scarcity (Part 1)”

「乏しき時代において文化と自然の共生を問うための人文学的構図(その1)」 Saturday, April 13, 10-11am Speaker: OHSAWA Zenshin, Professor Emeritus, Kanto Gakuin University 大澤善信(関東学院大学名誉教授) タイトルがいささか仰々しいのですが、私の学んできた領域は社会学なので、人文学の範疇かそれとも社会科

本フォーラムメンバーChelsea Schieder 教授がオーガナイザーを努めるアートイベント「共創の場」が行われます。

4月20日(土)〜5月11日(土) 日曜日および5月3日、4日、6日休廊 開廊時間:午前10時〜午後6時 青山学院大学 ジェンダー研究センターギャラリー 「「共創の場」展は、ジェンダーの問題に取り組みコミュニティの構築を目指す6つのアート・コレクティブを紹介します。それぞれの活動に共通する「コレクティビズム」という考え方に注目し、社会的に少数派の人々がいかに助け合いや支援をおこない、共同の学びの場

本フォーラムメンバーの鳥越けい子氏のご著書『触発するサウンドスケープーー〈聴くこと〉からはじまる文化の再生』が刊行されました。

「目に見える景色がすべてではない。自然の音、人工の音、聴こえる音、聴こえない音──多様な要素が織り成す風景に音からアプローチし、その場らしさを引き出すプロジェクトの数々は、訪れる者の感覚を揺さぶり、身体と土地との繋がりを問う。豊かな感性を取り戻し、真に環境とともにある文化をまなざす思索と実践。」 ​ くわしくはこちら

Comments


bottom of page