top of page

Online Book Discussion: Klara and The Sun by Kazuo Ishiguro

19 August 2021, 10-11AM JST

 中川僚子教授(聖心女子大学)と麻生えりか教授(青山学院大学)をコメンテーターにお迎えし、カズオ・イシグロ著『クララとお日さま』の読書会を行いました。

 中川先生には、廃棄、祈り、牡牛の描写の分析から、今日的な問題を提示する作品として論じていただきました。そして麻生先生には、ほかのイシグロ作品との比較を通して、風景描写について議論していただきました。

 全体のディスカッションでは、自然/人間、自然/人工物といった二項対立を包み込むような作品の特徴が文学やサウンドスケープの観点から指摘されたり、AIであるクララの一生を通して描かれる人間社会や内面性についても活発に議論がされました。


 

・中川僚子教授(聖心女子大学)

・イシグロは、本作では「AIロボット」とともに「環境汚染」というテーマを取り上げているが、そこには何がメッセージとして仮託されているのか、またそれは果たしてメッセージと呼んでよいものなのか。

・本作が時間をおいて再読、再再読されたときに、読者の読みがどう更新されうるようにイシグロは考えていたのか。

麻生えりか教授(青山学院大学)

・風景描写を中心に、イシグロの他のテクストからも適宜引用しながら『クララとお日さま』の特徴を考察

・生命のサイクル(老い)の描き方や、イシグロが小説を書く時にもっとも重要視する感情と環境をどう結びつけるのか、といった課題について

Recent Posts

See All

鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。

三大学院単位互換制度に基づく〈環境人文学プログラム〉の設置に先立ち、2023年12月22日(金) に青山学院大学にて奥野克巳(立教大学教授)、管啓次郎(詩人・明治大学教授)、結城正美(青山学院大学教授)による鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。 環境人文学とは、何か。蜘蛛の巣がきのように、分野や大学の垣根を越えて知を紡いでいくこと。3人の研究者がそれぞれの立場から熱く語りました。 この鼎談を

本フォーラムメンバー鳥越けい子教授の最終講義「サウンドスケープ―越境から融合へ」が行われます。

日時:2024年3月8日(金) 15:00-18:00  開場(14:30) 会場:青山学院大学本多記念国際会議場 (青山キャンパス第17号館6階) ​ 第1部  SCAPEWORKS から『円山町に生きる 料亭三長』へ 対談者:伊藤 毅 (東京大学名誉教授・青山学院大学客員教授 / 都市建築史) ​ 第2部  『触発するサウンドスケープ―<聴くこと>からはじまる文化の再生』 対談者:結城正美 (

『思想』2024年2月号に、本フォーラムメンバー結城正美氏の論考「技術圏のレシプロシティーー土地をめぐる環境人文学的考察」が掲載されました。

「レシプロシティ」をキーワードに、人間と土地の関係の語り直しを考察した論考です。後半では明治神宮外苑再開発問題に焦点をあて、「人間も人間ならざるものも「都市という種」も含む土地のレシプロシティ」に斬り込んでいます。

bottom of page