Online Book Discussion: Klara and The Sun by Kazuo Ishiguro

19 August 2021, 10-11AM JST

 中川僚子教授(聖心女子大学)と麻生えりか教授(青山学院大学)をコメンテーターにお迎えし、カズオ・イシグロ著『クララとお日さま』の読書会を行いました。

 中川先生には、廃棄、祈り、牡牛の描写の分析から、今日的な問題を提示する作品として論じていただきました。そして麻生先生には、ほかのイシグロ作品との比較を通して、風景描写について議論していただきました。

 全体のディスカッションでは、自然/人間、自然/人工物といった二項対立を包み込むような作品の特徴が文学やサウンドスケープの観点から指摘されたり、AIであるクララの一生を通して描かれる人間社会や内面性についても活発に議論がされました。



・中川僚子教授(聖心女子大学)

・イシグロは、本作では「AIロボット」とともに「環境汚染」というテーマを取り上げているが、そこには何がメッセージとして仮託されているのか、またそれは果たしてメッセージと呼んでよいものなのか。

・本作が時間をおいて再読、再再読されたときに、読者の読みがどう更新されうるようにイシグロは考えていたのか。

麻生えりか教授(青山学院大学)

・風景描写を中心に、イシグロの他のテクストからも適宜引用しながら『クララとお日さま』の特徴を考察

・生命のサイクル(老い)の描き方や、イシグロが小説を書く時にもっとも重要視する感情と環境をどう結びつけるのか、といった課題について

Recent Posts

See All

Online Talk#5: “How to Be in This Crisis: Reexamining Gary Snyder’s Reinhabitation”

「この危機を生きるーーゲーリー・スナイダーの再定住を再考する」 27 Nov. 2021, 10-11 AM JST YAMAZATO Katsunori, Professor of English, Meio University 1969年、ほぼ12年にわたる京都滞在を終えたゲーリー・スナイダーは、家族とともにアメリカに帰国し、1970年秋にはカリフォルニア州ネヴァダ・シティーの森の中に建てた

Online Talk#6:"Mapping the Planetary"

「惑星思考の理論的展開と文学的想像力」 27 Nov. 2021, 11-12 AM JST SHIMIZU Miki, PhD student, Literature and Environment, Aoyama Gakuin University 自然環境や社会環境を惑星の視座から捉え直すことを試みる惑星思考は、人間が地質学的脅威とされる人新世において重要性が高まっている。惑星思考は比較文学

奥野克巳教授『マンガ人類学講義』が紹介されました

7月にAGU環境人文学フォーラムでお話いただいた奥野克巳教授(立教大学)のご著書『マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか』(日本実業出版社)がじんぶん堂にて紹介されました。 森の民プナンの日常を描き出す『マンガ人類学講義』は、なぜ「マンガ」なのか ブルネオ島でのフィールドワークで感じてこられたことや、現在ご研究されているマルチスピーシーズ人類学の展望についてお話され