top of page

Online Talk#14:“What Does Environmental Humanities Mean and Why Does It Matter?”

Saturday, 15 October 2022, 10-11AM JST

Speaker: YUKI, Masami (Professor, literature and environment, AGU)

    結城正美(英米文学科教授)



環境問題は物理的環境に現出するが、問題の根っこにあるのは人間のものの考え方や価値観にほかならない。環境をめぐる価値や意味に関する研究は人文学諸分野の強みである。これまで蓄積された知を再調整しながら人文学諸分野が協働する動きが醸成され、1990年代後半にオーストラリアで生態学的人文学(ecological humanities)という学際的共同研究が創発し、北欧や北米でも同様の動きが展開し、そうした一連の動きが2001年に環境人文学とよばれるようになった。そのような経緯や環境人文学の抱える課題などを、拙稿「正常の終焉、思考の再調整――環境人文学への誘い」(『思想』2022年11月号掲載予定)にまとめたので、本報告では、その内容をかいつまんでお話しする予定である。また、拙稿では十分に論じられなかった、危機とともに生きつづけるための知のプラットフォームとしての環境人文学について私見を述べてみたいとも思っている。以上をたたき台として、みなさんと議論を交わしたい。AGU環境人文学フォーラムが立ち上がって一年半が経った現在、何が変わったのか/変わらないのか、といったことについても意見交換できればと思う。

Recent Posts

See All

鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。

三大学院単位互換制度に基づく〈環境人文学プログラム〉の設置に先立ち、2023年12月22日(金) に青山学院大学にて奥野克巳(立教大学教授)、管啓次郎(詩人・明治大学教授)、結城正美(青山学院大学教授)による鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。 環境人文学とは、何か。蜘蛛の巣がきのように、分野や大学の垣根を越えて知を紡いでいくこと。3人の研究者がそれぞれの立場から熱く語りました。 この鼎談を

本フォーラムメンバー鳥越けい子教授の最終講義「サウンドスケープ―越境から融合へ」が行われます。

日時:2024年3月8日(金) 15:00-18:00  開場(14:30) 会場:青山学院大学本多記念国際会議場 (青山キャンパス第17号館6階) ​ 第1部  SCAPEWORKS から『円山町に生きる 料亭三長』へ 対談者:伊藤 毅 (東京大学名誉教授・青山学院大学客員教授 / 都市建築史) ​ 第2部  『触発するサウンドスケープ―<聴くこと>からはじまる文化の再生』 対談者:結城正美 (

『思想』2024年2月号に、本フォーラムメンバー結城正美氏の論考「技術圏のレシプロシティーー土地をめぐる環境人文学的考察」が掲載されました。

「レシプロシティ」をキーワードに、人間と土地の関係の語り直しを考察した論考です。後半では明治神宮外苑再開発問題に焦点をあて、「人間も人間ならざるものも「都市という種」も含む土地のレシプロシティ」に斬り込んでいます。

bottom of page