top of page

Online Talk#14:“What Does Environmental Humanities Mean and Why Does It Matter?”

Saturday, 15 October 2022, 10-11AM JST

Speaker: YUKI, Masami (Professor, literature and environment, AGU)

    結城正美(英米文学科教授)



環境問題は物理的環境に現出するが、問題の根っこにあるのは人間のものの考え方や価値観にほかならない。環境をめぐる価値や意味に関する研究は人文学諸分野の強みである。これまで蓄積された知を再調整しながら人文学諸分野が協働する動きが醸成され、1990年代後半にオーストラリアで生態学的人文学(ecological humanities)という学際的共同研究が創発し、北欧や北米でも同様の動きが展開し、そうした一連の動きが2001年に環境人文学とよばれるようになった。そのような経緯や環境人文学の抱える課題などを、拙稿「正常の終焉、思考の再調整――環境人文学への誘い」(『思想』2022年11月号掲載予定)にまとめたので、本報告では、その内容をかいつまんでお話しする予定である。また、拙稿では十分に論じられなかった、危機とともに生きつづけるための知のプラットフォームとしての環境人文学について私見を述べてみたいとも思っている。以上をたたき台として、みなさんと議論を交わしたい。AGU環境人文学フォーラムが立ち上がって一年半が経った現在、何が変わったのか/変わらないのか、といったことについても意見交換できればと思う。

Recent Posts

See All

Book Discussion#4: 佐藤泉『死政治の精神史』

Saturday, 8 June 2023, 5-6:30 PM JST Author’s Introduction: SATO Izumi Professor (Japanese literature, AGU) Commentators: YUKI Masami (Professor, ecocriticism, AGU) 本フォーラムメンバーの佐藤泉教授に、ご著書『死政治の精神史――「聞き書

Online Talk#22: "Write for the Ear: Toward the Pseudo-Landscape Theory"

「耳のために書く—(擬似)風景論」 Saturday, 11 May 2024, 10-11 AM JST Speaker: NODA Kenichi (Professor Emeritus, American literature, Rikkyo University 野田研一(立教大学名誉教授) 文学作品における風景表象は、自然環境を作家や作品がいかに認識し記述しているかを考える際の重要な手が

三大学院共同運営「環境人文学」プログラム明治大学企画イベント「映像詩『水の環』上映会&トーク」が開催されます。

今年度よりスタートした大学院単位互換プログラム「環境人文学」の一環として、明治大学建築・都市学専攻総合芸術系で、映像詩『水の環』上映会&トークのイベントを開催します。 日  時:2024年5月23日(木)18:00-20:00 会  場:明治大学中野キャンパス低層      棟・5Fホール 主  催:明治大学大学院 理工学研究科 建築・都市学専攻総合芸術系 参加無料 ​ ​詳しくはこちらから

Comments


bottom of page