Online Talk#9: "'More-Than-Human' and African American Literature"

Saturday, 16 April 2022

10-11AM JST

Speaker: NISHIMOTO Azusa (Professor, African-American literature, AGU)


 ポスト公民権運動時代のアフリカ系アメリカ文学を半世紀にわたって牽引し一昨年夏に88歳で没したToni Morrison (1931-2019) は、「[合衆国では]活字にされた黒人文学の起源は奴隷(スレイヴ)体験記(ナラティヴ)にある」とかつて述べた。現在の合衆国にあたる地域でのアフリカ系のディアスポラの歴史は、記録上、1619年にオランダの奴隷船によって水や食料の補給と引き換えにジェイムズタウンに「陸揚げ」された20人の男女から始まる。奴隷制度と制度廃止後も残った人種主義の中で〈ヒューマン〉であることを疑われ蹂躙された経験と、それに抗して自らの〈ヒューマニティ〉を証言する必要性と意思とは、合衆国でのアフリカ系の人々の文学的営為の始まりと深くつながっている。さらにその「活字にされた文学」の周辺には、歴史に名が刻まれなかった人々の奪回不可能だが確かな存在の連なりを示唆して、アフリカ系の書き手たちの想像力/創造力を鼓舞してきた口承文化の領域が拡がっている。

 本発表では、そうしたアフリカ系アメリカ文学の背景を参照した上で、まったく異なる持ち味の二人の作家MorrisonとOctavia E. Butler (1947-2006)の仕事の一端を駆け足ながら概観する。Morrisonについては、自らを周縁化する世界で書くという行為をめぐって作家が1980~90年代に繰り広げた議論のいくつかを改めて紐解いてみる。一方、サイエンス・フィクションの分野でアフリカ系の女性作家として初めて高い評価を得たButlerについては、異星生物と人間が相互のサバイバルを賭して交わり共生する世界を描き、ヒューゴ賞とネビュラ賞を受けた短編“Bloodchild” (1984) を紹介する。二人が提示した問題系や世界観を糸口に、〈モア・ザン・ヒューマン〉とアフリカ系アメリカ文学の一筋縄ではいかない交差について考え始めることができれば幸いである。

Recent Posts

See All

本フォーラムでもお話いただいた奥野克巳氏(立教大学)、人類学者の近藤祉秋氏(神戸大学)、本学の結城正美氏が、マルチスピーシーズ人類学と文学、more than humanとbeyond human、人新世の問題としての核廃棄物、環境人文学など、さまざまなトピックについて議論を交わしています。人類学と文学の対話としても興味深い鼎談です。

Saturday, 29 Jan. 2022 10-11 AM JST 報告者: 松井 優子 (青山学院大学文学部・教授) 2021年に生誕250周年を迎えたロマン派詩人にして歴史小説家Walter Scott(1771-1832)の活動は、進展する産業化や都市化との交渉のなかで展開された。彼はスコットランドのボーダーズ地方の口承の伝統を記録するバラッド編纂者としてメジャー・デビューする。その後、

長年入手できなかったR.M.シェーファー著『世界の調律』の邦訳書が、年明けに「新装版:平凡社ライブラリー」として出版されました。 巻末の「訳者あとがき」には、サウンドスケープ思想には「人新世/anthropocene」に通じるものがあり「時代がようやく追いついてきた!」という、私の実感を記しましたので、本書を手に取っていただけると嬉しいです。 同書には、最初の邦訳書(1986)、平凡社ライブラリー