top of page

WIP#2: "Embodied Interpretation and the Nonhuman in Formal Semantics and Pragmatics"

Saturday, 10 June 2023, 10-11:30 AM JST

Elin McCready (Professor, Semantics and Pragmatics, Department of English, AGU)


This talk considers how representing embodiment in natural language at the interpretative level can be used to deanthropomorphize narrative (and language more generally). I begin with a brief introduction to semantics and pragmatics and the current state of play in these fields, and then turn to an overview of my joint work with E. Ottosson on the topic of anthropomorphic narrative, which we claimed to be unavoidable in natural language due to presuppositions about embodiment that appear there. There we explored alternative notions of narrative stemming from craft -- which we proposed to view as a form of narrative turning away from natural language -- and from the `gathering narratives' of Ursula Le Guin. An alternative is to decenter the human body at the interpretative level using the tools of semantics and pragmatics. I present an initial attempt at formalizing embodiment and show how it might be used to take language away from the human.

Recent Posts

See All

鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。

三大学院単位互換制度に基づく〈環境人文学プログラム〉の設置に先立ち、2023年12月22日(金) に青山学院大学にて奥野克巳(立教大学教授)、管啓次郎(詩人・明治大学教授)、結城正美(青山学院大学教授)による鼎談「環境人文学の冒険」が開催されました。 環境人文学とは、何か。蜘蛛の巣がきのように、分野や大学の垣根を越えて知を紡いでいくこと。3人の研究者がそれぞれの立場から熱く語りました。 この鼎談を

本フォーラムメンバー鳥越けい子教授の最終講義「サウンドスケープ―越境から融合へ」が行われます。

日時:2024年3月8日(金) 15:00-18:00  開場(14:30) 会場:青山学院大学本多記念国際会議場 (青山キャンパス第17号館6階) ​ 第1部  SCAPEWORKS から『円山町に生きる 料亭三長』へ 対談者:伊藤 毅 (東京大学名誉教授・青山学院大学客員教授 / 都市建築史) ​ 第2部  『触発するサウンドスケープ―<聴くこと>からはじまる文化の再生』 対談者:結城正美 (

『思想』2024年2月号に、本フォーラムメンバー結城正美氏の論考「技術圏のレシプロシティーー土地をめぐる環境人文学的考察」が掲載されました。

「レシプロシティ」をキーワードに、人間と土地の関係の語り直しを考察した論考です。後半では明治神宮外苑再開発問題に焦点をあて、「人間も人間ならざるものも「都市という種」も含む土地のレシプロシティ」に斬り込んでいます。

bottom of page