R. Murray Schafer氏のご逝去によせて


サウンドスケープの概念の提唱者、R.M.シェーファー氏が、8月14日に逝去されました。

https://www.cbc.ca/music/r-murray-schafer-composer-writer-and-acoustic-ecologist-has-died-at-88-1.5404868

日本でも、以下の報道がありました:

マリー・シェーファーさん死去 サウンドスケープを提唱:朝日新聞デジタル (asahi.com)

シェーファーさんは数年前から体調を崩し、自宅で療養されていましたが、今月に入ってから、カナダの友人たちから危篤の連絡が入っていました。

心の準備はしていたのですが… 残念でなりません。

音楽概念を人工から自然の音にまで拡げ、宇宙や世界を聴き取りながら、私たちは何をすべきかを問いかけた彼のメッセージを、今いかに展開し、後世に繋げていけるのか、改めて考ずにはいられません。

そうした活動の一環として、日本サウンドスケープ協会では新たに「顕彰事業」を開始し、9/4にはその第1回目の授賞式と記念シンポジウムをオンライン開催します。

申し込みのフォームが以下のサイトの最後にありますので、お時間のあるかたは是非、ご参加ください!


第1回日本サウンドスケープ協会賞・授賞式及び記念シンポジウム





鳥越けい子(青山学院大学総合文化政策学部・教授)


Recent Posts

See All

Online Talk#5: “How to Be in This Crisis: Reexamining Gary Snyder’s Reinhabitation”

「この危機を生きるーーゲーリー・スナイダーの再定住を再考する」 27 Nov. 2021, 10-11 AM JST YAMAZATO Katsunori, Professor of English, Meio University 1969年、ほぼ12年にわたる京都滞在を終えたゲーリー・スナイダーは、家族とともにアメリカに帰国し、1970年秋にはカリフォルニア州ネヴァダ・シティーの森の中に建てた

Online Talk#6:"Mapping the Planetary"

「惑星思考の理論的展開と文学的想像力」 27 Nov. 2021, 11-12 AM JST SHIMIZU Miki, PhD student, Literature and Environment, Aoyama Gakuin University 自然環境や社会環境を惑星の視座から捉え直すことを試みる惑星思考は、人間が地質学的脅威とされる人新世において重要性が高まっている。惑星思考は比較文学

奥野克巳教授『マンガ人類学講義』が紹介されました

7月にAGU環境人文学フォーラムでお話いただいた奥野克巳教授(立教大学)のご著書『マンガ人類学講義 ボルネオの森の民には、なぜ感謝も反省も所有もないのか』(日本実業出版社)がじんぶん堂にて紹介されました。 森の民プナンの日常を描き出す『マンガ人類学講義』は、なぜ「マンガ」なのか ブルネオ島でのフィールドワークで感じてこられたことや、現在ご研究されているマルチスピーシーズ人類学の展望についてお話され