R. Murray Schafer氏のご逝去によせて


サウンドスケープの概念の提唱者、R.M.シェーファー氏が、8月14日に逝去されました。

https://www.cbc.ca/music/r-murray-schafer-composer-writer-and-acoustic-ecologist-has-died-at-88-1.5404868

日本でも、以下の報道がありました:

マリー・シェーファーさん死去 サウンドスケープを提唱:朝日新聞デジタル (asahi.com)

シェーファーさんは数年前から体調を崩し、自宅で療養されていましたが、今月に入ってから、カナダの友人たちから危篤の連絡が入っていました。

心の準備はしていたのですが… 残念でなりません。

音楽概念を人工から自然の音にまで拡げ、宇宙や世界を聴き取りながら、私たちは何をすべきかを問いかけた彼のメッセージを、今いかに展開し、後世に繋げていけるのか、改めて考ずにはいられません。

そうした活動の一環として、日本サウンドスケープ協会では新たに「顕彰事業」を開始し、9/4にはその第1回目の授賞式と記念シンポジウムをオンライン開催します。

申し込みのフォームが以下のサイトの最後にありますので、お時間のあるかたは是非、ご参加ください!


第1回日本サウンドスケープ協会賞・授賞式及び記念シンポジウム





鳥越けい子(青山学院大学総合文化政策学部・教授)


Recent Posts

See All

Saturday, 16 April 2022 10-11AM JST Speaker: NISHIMOTO Azusa (Professor, African-American literature, AGU) ポスト公民権運動時代のアフリカ系アメリカ文学を半世紀にわたって牽引し一昨年夏に88歳で没したToni Morrison (1931-2019) は、「[合衆国では]活字にされた黒人文学の

本フォーラムでもお話いただいた奥野克巳氏(立教大学)、人類学者の近藤祉秋氏(神戸大学)、本学の結城正美氏が、マルチスピーシーズ人類学と文学、more than humanとbeyond human、人新世の問題としての核廃棄物、環境人文学など、さまざまなトピックについて議論を交わしています。人類学と文学の対話としても興味深い鼎談です。

Saturday, 29 Jan. 2022 10-11 AM JST 報告者: 松井 優子 (青山学院大学文学部・教授) 2021年に生誕250周年を迎えたロマン派詩人にして歴史小説家Walter Scott(1771-1832)の活動は、進展する産業化や都市化との交渉のなかで展開された。彼はスコットランドのボーダーズ地方の口承の伝統を記録するバラッド編纂者としてメジャー・デビューする。その後、